お取り寄せグルメ

静岡県下田市「ハリスさんの牛乳あんパン」「下田あんパン」

ご当地グルメといえばレストランで食べられる食事や銘菓等がありますが、今回は美味しそうな「パン」を見つけました。

静岡県下田市 平井製菓株式会社さん(御菓子司平井さん)の、「ハリスさんの牛乳あんパン」と「下田あんパン」です!

今回はこの2種類をお取り寄せ。

※尚、今回「下田あんパン」はおぐらあんのみの購入です。

「ハリスさんの牛乳あんパン」…ハリスさんって誰?

商品名を聞いて最初に浮かんだ疑問が「ハリスさんって誰よ?」ってことですね。

そんな商品名で推されても……。

答えはパッケージにも書かれていました。

初代米国総領事の方だそうです。(タウンゼント・ハリス:Wikipedia)

そもそもこの商品が販売されている静岡県下田市ですが、1854年の日米和親条約が締結された際、北海道の箱館(現在の函館市)とともに開港された地域なのです。

そのため「開国の町」として、開国や黒船にまつわる観光地が点在する地域であり、開国に伴って米国総領事の方ともゆかりのある場所なんですね。

「牛乳をはじめて下田の地で飲んだといわれています。」

大の牛乳好きで知られていた方だそうで、そのためかこのようにパッケージに記載されています。

領事館であった下田市の玉泉寺には「牛乳の碑」という記念碑まであるそうです。

しかし領事館を下田市に構えていたそうですので、大半の飲食物は下田市で最初に召し上がっているとは思われるのですが……こんなツッコミは野暮でしょうか。笑

和菓子屋さんがつくるあんパン

「ハリスさんの牛乳あんパン」も、「下田あんパン」も、紙のパッケージに包まれています。

どことなく和菓子っぽいなーと思ったのですが、それもそのはず。

販売元の平井製菓さん、その「製菓」という名前の通り和菓子屋さんなのです。

※公式サイト:http://hiraiseika.shop-pro.jp/

お取り寄せと書きましたが今回は近所の物産展にて入手。

店頭の方の話によると、「当店の看板商品は”ハリスさんの牛乳あんパン”です!」とのこと。

和菓子屋さんであってもメインはあくまであんパンです。

公式サイトを拝見したところ、どうやらもう数種類あるようなのですが、今回購入できたのはこちらの2種類のみでした。

並べて比較するとカロリーの差が若干ありますが、「ハリスさんの牛乳あんパン」のほうがややハイカロリーな理由ついては、裏の注意書きをみるとすぐにわかります。

「ハリスさんの牛乳あんパン」にはフレッシュバターが使われているんですね。

常温(28度以下)保存推奨の商品ではありますが、冷蔵庫で保存した場合は温めてバターを溶かしてから食べた方が美味しい商品です。

加熱は袋ごとOK!とのことなので楽ちんです。

袋にはフィルムやシール包装等はされておらず、折ってテープで留まっているだけの状態でした。

てっきり袋を破らなければいけないと思っていたのでびっくり。

今回は物産展で購入したためかもしれませんが、購入後は早めにいただいた方がよさそうですね。

中身はどちらもキノコのような形をしたあんパンで、やや小ぶり。

温めなくともほんのりとあんパンらしい香りがします。

特に香りに差はありません。

まずは「下田あんパン(おぐらあん)」を実食!

まずは下田あんパン(おぐらあん)をいただきました。

割ってみるとまずパンがとっても柔らかい!!

特に根元の白い部分は皮がもちっとしています。

中は見ての通り空洞になっていて、パンがしっかりと膨らんでいるのがわかります。

直接かじると、餡と一緒でもパンのやわらかさがよくわかります。

”おぐらあん”のタイプですので中身はもちろんつぶあん。

餡子は甘さやや控え目。ほんのり甘さのあるパンによく合います。

空洞がある分、餡子とパンのバランスが丁度よく、クドくならず飽きずに最後まで美味しくいただけます。

お子さんはもちろん、大人にも好まれるあんパンだと思います!

「ハリスさんの牛乳あんパン」は看板商品の名に恥じぬ美味しさ!

私の割り方が悪く、フレッシュバターが偏ってしまいました。悲劇。

先ほどの「下田あんパン」と比べ、こちらのパンのほうがややしっかりめに焼かれた食感に感じました。

中身はこしあんで、「下田あんパン」のおぐらあんよりは明らかに甘いです。

フレッシュバターはクリーム状になっていて、ほんのりとした塩気とミルク感があります。

このパンと餡子とフレッシュバターの組み合わせ。

合うのかしら、と思いました、が。

……美味しい!美味しいよハリスさん!!

パンと餡子とフレッシュバター、同時に食べると最高に美味しいんです!!!

もし私のようにバターが偏ってしまっても、絶対に一緒に食べた方がいいです!

ほんのりとしたバターの塩気と甘みが強い餡子が合わさることで、味が整い美味しさ倍増。

このあんパンの個性が最大限に発揮されます。

このバランスは、このお店だけの唯一無二の味だと思うので他に例えるのが難しいんですが、餡子が甘くともクドさを感じず、アッという間にぺろりと食べられてしまいます。

個人的には「ハリスさんの牛乳あんパン」がダントツでオススメ!

甘さ控えめな素朴さを感じる「下田あんパン」と、個性的な「ハリスさんの牛乳あんパン」。

どちらも美味しいあんパンでしたが、「ハリスさんの牛乳あんパン」は特に、あんパンが苦手な方にも是非1度食べてみてほしいなと感じる商品でした。

サイズも小ぶりですので、下田市にお越しの際は、おやつタイムに是非召し上がってみてはいかがでしょうか。

もちろん、通販でのお取り寄せも可能です!

平井製菓株式会社公式サイト:http://hiraiseika.shop-pro.jp/

※記事執筆現在(2018年5月)、通販は公式サイトのみの扱いでした。