お取り寄せグルメ

北海道虻田郡倶知安町「豪雪うどん」をお取り寄せ!

私は各地のお取り寄せグルメ・お土産品が大好きです。

その中でも、空港やパーキングエリア等でも売っていない、アンテナショップでも買えない、特定地域限定の名物というのがあります。

今回はそのうちの1つ、北海道虻田郡倶知安町の「豪雪うどん」をご紹介します!

そもそも倶知安町ってどこ?

札幌や千歳から約2~3時間、北海道の西よりの地域にあります。 富士山にそっくりで蝦夷富士とも呼ばれる「羊蹄山」を望む、北海道有数の豪雪地帯です。

スキーヤーやスノーボーダー御用達のスキー場なんかも有名ですね。

そんな倶知安町の名産品がじゃがいも。 今回ご紹介する「豪雪うどん」は、その名物のじゃがいもを使ったうどんなんです!

繋ぎ程度に小麦粉も入っているようですが、ほぼじゃがいもでできている、珍しいうどんです。

豪雪うどんはどこで買えるの?

倶知安町のホテル第一会館さんで売られています。

今回は知人が近隣まで旅行に行くとのことで、お願いして購入してきてもらいました。

買いに行った友人によると最近では町内のスーパー等でも売っていたそうですが、本州のアンテナショップに行っても、新千歳空港に行っても販売されていません。

時々通販で見かけることがありますが、基本的には現地まで行って購入する必要がある、超レアなご当地グルメです。

第一会館さんのホームページによると、お電話やFAXをすればお取り寄せもできるかもしれません。(未検証)

豪雪うどんは現地に行けばお店でも食べられます。

(画像を公式ページよりお借りしました。)

ホテル第一会館さんにあるレストラン「雪庭」では、メニューに豪雪うどんがあり、現地へ行けばお店でも食べることができます。

色々な調理法で提供されているようですので、美味しい食べ方を知りたい方は必見です!

豪雪うどんをお取り寄せしました!

ご当地名物らしく、パッケージに羊蹄山の写真が使われています。

生麺タイプ・乾麺タイプがあるそうなのですが、今回は生麺のタイプです!

箱の大きさに対してはずっしり重いです。

生麺タイプならではですね。

豪雪うどん パッケージを開けると・・・


開けると生麺とだし、つゆもついています。

だしはなんとカツオと昆布の二本立て!

昆布だしは珍しい液体タイプになっています。

うどんの茹で方の説明書も付属していました。

初めて食べる方でも、茹で加減がわからないということもなく安心です。

豪雪うどんを調理!

まずはたっぷりのお湯を沸かしつつ、うどんを取り出します。

真っ白で、固めのしっかりした生麺です。麺の太さが均一で、真っ白ですごく綺麗。 近くで見ても雪のように真っ白。

そして麺の量はあまり無いように見えたのですが、見た目よりずっしりと重い。まさに「豪雪」!

一般的に市販されているうどんはよりは細麺です。

打ち粉もしっかりつけてあるので、べたべたしたりくっついたりすることもありません。

麺を6分ほど茹でます。

私は普段固めの麺が好きなので、ラーメンなんかは時間を短めにして茹でるのですが、固めが好きな方でもこのうどんは時間通りに茹でても大丈夫です。理由は後ほど。

ゆでている間に具の用意やスープを作ります。

冷めるといけないので、スープは茹であがりの直前に作りましょう。

といっても、付属しているつゆとだしをお湯で溶かすだけ。 色は透き通って見えますが茶色。

ぱっと見て関東風に見えます。カツオと昆布のだしの香りがほんのりします。

続いて麺が茹で上がったら、ざるに上げて流水で洗います。

麺を水で洗っていくと、あんなに白かった麺が透き通った色になっていきます。

ツヤッツヤのぷるんぷるん。

晴れの日の雪景色を思わせるような、キラキラした麺になりました。

でんぷんで作っている麺だからこそこうなるんですね。

豪雪うどんを実食!

今回はお手製のお揚げ、ねぎ、天かすを入れて頂きますっ!!

自分用なので、盛り付けが雑なのはご愛嬌。

スープにくぐらせてもなお透き通った麺です。

つるんつるん!そしてものすごいコシと弾力です。

細めのうどんになのにとっても食べ応えがあります。

これは麺がじゃがいものでんぷんでできているからで、時間通りにゆでてもびっくりするぐらい弾力がある麺になります。

表面はかなりつるつるなので、滑りやすい箸を使うと結構こぼれてしまいます・・・笑

スープの見た目は関東風のうどんに近いですが、味はまったく違っています。

だしがきいていて、おしょうゆの味は濃くありません。

関東風の味付けが苦手な方でも美味しく召し上がれますよ。

北海道の味付けは関東・関西ともちょっと違うんですよね。

昆布をたっぷり使っているところが多いからかもしれません。

地方によって味が異なる某カップうどんも、北・東・西があったと記憶しております。笑

冷たくしてざるうどんで食べてもとっても美味しいです。

最後に

なかなか入手できない、レアなご当地グルメをご紹介しました!

とっても美味しいので、私もまたお取り寄せしてみたいと思います。

乾麺タイプであれば一部通販サイトで購入もできます!